真夏の出張

今日は、我が研究グループの発表がある夏の研修に行って来ました。場所は無料で貸してもらえたらしい某大学です。

阪急京都線正雀駅。私は大阪市内でも南端部なので、北のほうは馴染みがありません。終わり初物でしょう。地下鉄が乗り入れているので、天下茶屋から一本、うとうとしながら40分ほどで到着。

広いキャンパスを持つ大きな大学ですね。総会および研究発表が行われるホールです。我がグループの委員長さんの発表を聴くのが主たる目的で、午後は手早く退散しました。冬にもう一度、総会と研修がありますが、発表はないので、あとは資料を調えれば、今年の仕事は終わりです。

帰りにやや遅めの昼食。何を食べるかは決めています。問題はどこで降りるかですね。梅田なんば肥後橋等、いくつかお店がありますが、無駄に途中下車したくないので、思案の末に長堀橋で降り、クリスタのインデアンカレーにしました。

一番空いていそうな店を選んだつもりですが、結構混んでいました。基本が750円で、これは50円のご飯大盛りです。肉も野菜もすべて溶け込んだ、一見何も入っていないルーだけのカレーですが、これはクセになります。キャベツの酢漬けが甘い、水まで甘いそう感じる独特の辛さが習慣性になるのです。

道頓堀自由軒の混ぜカレーと並んで、大阪の名物カレーですね。また食べたいわ〜。

帰りは心斎橋筋をひと駅分歩いてなんばまで。相変わらず外国人率高いです。

途中でGINSO(銀装)につかまりました。カステラ屋さんです。密封包装、スライスパックを開発した老舗。心斎橋が本店なんですね。

昔はよく贈答品などでいただいたものでしたが、公務員には全くそのような習慣はありません。たまにはカルピスのセットや、ゼリーやプリンの詰め合わせほしいな〜(笑)

無性に食べたくなって、我が家用と実家用に小さいのを購入。やっぱり出来たてって美味しいですね。カステラはスーパーなどでも売ってますが、パサパサしたイメージがあります。

実家には直営店限定の窯出しカステラちょっとだけ高いを買いました。三日くらいしか保たないそうです。暑い中、すぐ実家へ直行し、母に無理やり食わせました。半分もらってなるほどふわふわ、美味しゅうございました。

毎度毎度のご退屈さまでございます。

広告を非表示にする