連休明けという単純な法則を見落とす

何の偶然か、世間での3連休と同じく俺も3連休であった。

よっしゃ、部屋を掃除して小説を書いてと思いつつ、まだ休みはあると2日目まで無為に過ごし、

おいおい明日仕事なんだから無理はよくねーぜと3日目も無為に過ごした。

今までの人生で何千回と繰り返された悲惨な休日であった。

さて本業の話。

3連休のほとんどを睡眠時間として過ごし、体調バッチリ!

前出番惜しくも5万円に一歩届かなかったから、今日はちょっと遅くまで頑張って、

気合で5万円持って帰ってこよう。と思いながら出社。

配車表をチェックすると、久しぶりにクラウン。ちょっと嬉しい。

そういえば水素エンジンで走るえらく高価な車が2台ほどもうすぐ導入されるようだ。

時代の流れを感じざるを得ない。

そしてタクシー業界の終焉を記録する当ブログとしては見逃せない存在でもある。

ラッキーなことに、湾岸営業所で一番事故率が低い我が担当主任がその車に乗ることになるらしい。

主任に話しかけるふりをして車をジロジロ見てやろう。

今年中にトヨタからジャパンタクシーが発売されて、

俺が一番好きな車であるクラウンセダンも少しづつ消えていくのか。

車談義はさておいて、今日も元気に日常点検を終えて出庫。

とにもかくにも渋谷道玄坂

連休明けということもあってか、通勤にタクシーを使う人が多い!

お客様を駅にお送りして、お見送りしたタイミングで別のお客様がご乗車。

という具合に、かなり実車率が高い。

しかも道玄坂上までというお客様がいらっしゃり、

目的地である渋谷に、お金をいただきながら到着。完璧。

でもちょっと渋谷に到着するの早すぎたか?渋谷から出社する人は少なかろうとも思ったが、

完全に杞憂。

ガンガンお客様がご乗車し、軽くフィーバー状態。

午前中にあっさりと1万円突破し、さすがにちょっとくらい良かろうと青山公園で休憩。

自販機でアイスを買って食う。それにしても暑い。

なんだかんだ1時間サボりちょっともったいなかったかなと思いつつ再出発。

やっぱり通勤時間帯が終わってしまうと少し失速する。

ちょこちょことお客様をお乗せしつつ、渋谷を徘徊。

うーむ、朝のフィーバーと比べると調子が良くない。

それでも貯金ができたし、このペースなら今日は5万余裕だな、よし、目標6万円に上方修正!

などと思いながら、ひたすら渋谷をぐるぐる。

ちょうど六本木までのお客様がいらっしゃったので、

またしても青山公園へ。またアイスを買って食う。うまい。

この時点で14時。営収1万4000円。1時間休憩してこれはかなり好記録。

徒然チルドレンスマホで読みながらアイスを食っていると、突然の大雨。

雨とみるや休憩を切り上げて走り出す熱心なドライバーと、

チャンスをガン無視して休憩を続けるマイペースドライバーの対比が面白い。

俺は営収に余裕があったこともあり後者。

雨が降り出すと焦ってるお客様が増えて嫌、ということもある。

結局30分休憩。

一応まだ雨が降っているものの、すぐやむだろう。と言う感じの空模様のなか、路上に戻る。

西麻布の交差点を右折したところでサラリーマン風の団体のお客様。

東京ミッドタウンまで。

Uターンして星条旗通りを通っていく道を教えていただく。

ほうほう、このルートは知らなかったたぶん初歩の初歩。

また道玄坂にもどってぐるぐるするが、なかなかお客様が見つからない。

朝が調子良かっただけに、空車が続くと焦る。給与保証なのに焦る。

完全歩合給になったら焦るどころの騒ぎじゃなかろう。

やっとこさっとこ大橋病院までのお客様がご乗車。

道を丁寧に教えていただく。

そして入れかわりで病院から中野区まで、長距離のお客様!

いやもう本当にお客様がお客様のところに連れて行ってくださるという格言通り。

お支払4600円。ありがとうございます。

中野から渋谷に戻っていたところで気が変わり、

営業所で休まないという自己ルールを破って営業所へ。一応空車で向かう。

ちょうど雨があがってしまったからか、お客様は見つからず、無事に営業所へ。

はぁ〜疲れたと休憩室まで歩いていくと、

ちょうど自販機でジュースを買っていた同じチームの人と遭遇。

雑談で1時間以上使ってしまった。

その人は営収3万円。俺は2万円。

この時間で2万ありゃ5万円は余裕だな!と言われ

そうですね、なんとか5万行きたいですと答える、完全な死亡フラグ

そう、冗談でもなんでもなく死亡フラグだった。

再出庫して渋谷へ。

あんまり調子がよくないながらも、なんとか青タン前に3万円まで持っていく。

あと30分休憩する義務があるので、青タン時間もったいないけど休憩。

疲れていたので寝すぎて、結局1時間就寝。これで休憩3時間半。まぁよかろう。

ここから急に失速。

少ないお客様を大量の空車が奪い合う阿鼻叫喚の地獄絵図。

殺気立ったドライバー同士が互いに嫌がらせしあっていて最悪だった。

30分走り回ってようやく1組ご乗車、と言う感じ。

あれよあれよという間に0時をまわり、

0時台は1人お乗せしただけで、光の速度で午前1時。

ここで営収3万2000円。

5万どころの騒ぎじゃねえ、4万円も危うい。

一発1万円超えを引き当ててさえ、逆転ホームランとは呼べない。

目標を大きく下方修正。

今日の目標は4万円!

そこから午前2時まで、空車で渋谷を走り回り、ようやくお客様。

そう、つまり空車1時間とんでもねぇ。

サラリーマン3人組のお客様を3人それぞれを駅にお送りして、お支払4000円。

逆転ホームランとは行かなかったが、どうにかこうにか最低ラインの3万5000は突破。

本当に危なかった。

タクシードライバーの労働時間は厳格に決められているので、

最終退社時刻とにらめっこしながら、逆転の策を練る。

と言っても、渋谷に行くか、別のところに行くか。

新宿行くか?とも思ったが、

チキンな俺は安全策に走り渋谷へ。

午前2時半、どうにかこうにか広尾までのお客様がご乗車。

お支払1200円。ありがとうございます。

これで3万8000円。

ここで長距離のお客様がいらっしゃると、労働時間オーバーの可能性があるが、

自腹高速でギリッギリ間に合えばそれでよしと、空車で営業所に帰る。

途中眠すぎてやばかったので会社近くのコンビニで30分寝る。

本当に意識飛びそうだった。危なかった。

実車だったらやばかったことを考えれば、お客様が見つからなくて逆に良かった。

そのままあきらめて回送にして帰庫。

営業収入3万8370円

営業回数31回

走行距離219キロ

31回も営業して4万円に届かずか。

帰ってから営業所で担当主任と少し話しをした。

俺朝は調子良かったんでもっと行けるかと思ったんですけどね

主任連休明けだからそういうもんだよ、よっぽどうまくやらないと夜は稼げない

俺そうだったのかあああああああ

言われてみれば確かに、連休明けの夜に飲みに行く人なんてほとんどいないだろう。

しまった朝のうちにサボらずにもっと稼いで先行逃げ切り作戦にしておけばもっと戦えたのに。

ひとつ勉強になった。

朝のフィーバー中にあった小トラブル

交差点を左折しようとしているところで無理やり車をとめてご乗車の女性

俺前略ナビのルートで以下略

お客様大丈夫です

俺では先で止めてナビいれさせていただきます

お客様えっここ右ですよ!?

完全に左折のモーションに入っている車を止めて右は初めて遭遇した。

東京の人は右左折レーンのことをよく解っていない人が多い。本当に多い。

俺すでに左折レーンですので一旦まがります

お客様じゃあそこの路地入ってください

路地を見ると車両通行禁止。ただし住居者の車を除く的なやつ。

俺進入禁止ですので入れません

お客様大丈夫です!

俺進入禁止です

お客様だから大丈夫です

俺違反ですので入れません

お客様じゃあそこのポールでUターンしてください

俺Uターンですね、かしこまりました先に進む

お客様ポールでUターンしてくださいって言いましたよね

俺危険ですので信号でUターンします

お客様タクシー全部ポールのところでUターンしますよ?

俺危険ですので信号でUターンします

新人って言ったら舐められるのはある程度しょうがないが、

明らかな嘘につきあうの本当めんどくさい。

そろそろ新人って言うのやめる時期に来ているのか。

女性客だけ言うのやめるか。難しい。