元KAT-TUN田口淳之介、写真集低迷の原因となった三重苦とは?

昨年の3月にKAT-TUNを電撃脱退してジャニーズ事務所を辞めた田口淳之介。新たにソロ活動を始めたのだが、早くも先行きに暗雲が垂れ込めている。

6月23日に田口淳之介写真集OntheMoonを出版したのですが、その売れ行きが思わしくないのです。オリコン写真集ランキングによると、初週の売り上げは1279部。人気グループKAT-TUNの元メンバーとは思えない残念な結果となっています女性誌記者

この写真集は、世界を股にかけるフォトグラファー藤代冥砂氏がカメラマンを務め、田口の艶ショットの他に同タイトルのCDも付けたもの。発売を記念してトークイベントも開催されたが、予想と反した結果となっている。しかしこの結果は、最初から見えていたと芸能記者は語る。

元田口はファンの間でダンサーや俳優としてならまだしも、写真集を買うほどのアイドル性は認められていませんでした。しかもKAT-TUNを活動休止に追い込んだ直接の引き金はどう考えても田口の脱退。にもかかわらず、CDシングルConnect発売直前のインタビューで休止にはノータッチ、3人が決めたという発言をして、無責任だと批判されました。案の定オリコン週間ランキングでは、最高17位と低迷しています事務所関係者

さらにそこに追い打ちをかけたのが、田中聖の騒動だ。

時期が悪かったですね。おかげでKAT-TUNメンバーがテレビ出演の際にコメントを求められるなど迷惑を被った。KAT-TUNブランドも失墜し、脱退した田口の仕事にも少なからず影響を及ぼしたのではないでしょうか前出芸能記者

実際、ネットではこの事件を受けて写真集どころの騒ぎではないという意見や田口も気をつけろよとの声まで上がっている。この三重苦が重なっての大不調。このダメージから、田口は立ち直ることが出来るのだろうか。