かわいいって私のことにゃ面

どうも、ちかさんです。

自分との付き合い方がわからないと、もどかしさや寂しさ、いらだちを感じたりするものです。

自分がわかれば、他者への理解も深まります。

人間関係では、とても大切なことですね。

お読みいただくことで、自分自身とのつき合い方を向上させるために、本来の自分を取り戻すためのヒントとして、何かをつかんでいただけるといいなぁと感じています。

控えめだったり、完璧主義的なところがあったりすると、

自分の良さを受け入れづらいってことがあるんではないかなって思います。

いやー。それほどでもってという反応です。

お手本を真似ることで、自分の素晴らしさを受け入れるヒントをつかめたらいいですね。

そのヒントって昔、飼っていた猫の話です。猫あるあるですよ〜

猫のたとえは、心屋仁之助さんもされていますね(;)

でも、ワタシも猫が好きだから、猫の話しますっ

たぶん、ペット全般に言えることではないでしょうか。

毎日のように、かわいいっかわいいって、飼い猫に声をかけていたんですよ。

そしたらね。猫なりに。かわいいって自分のことだと思ったみたいで。

返事するようになりました。

ちゃーん猫の名前

にゃーん

かわいこちゃーん

にゃーん

いつもかわいいねえ

にゃーん

それはそれは、素直な反応でした。

かわいこちゃんという単語は、自分を指していることだと思ってるんですよ。

当然、意味は分かっていないのかもしれません。

でも、なんのてらいもなく、素直に受け入れている自然さに、飼い主はメロメロになります笑

毎日、ポジティブな言葉に囲まれれば、それが当たり前になります

当たり前のことって、身構えずに対応できるますよね

みなさんはいかがでしょうか?

猫のように、飼い主のような信頼できる相手から掛けられた言葉を、その意味を吟味するのではなく、そのまま受けれいてみるって大切です

趣味のことでも、仕事のことでも、ポジティブな言葉をかけあえる仲間を見つけられたら、

そのポジティブな言葉に囲まれていたら、その正当性や妥当性を検証せずに、ただ、それにのっていけば、幸せが増していきます。

さんですね

自分いやーそれほどでも

さんですね

自分どうも、その汗(;)

さんですね

自分あー笑、はい。あはははそういうことにしておいた方がいいって感じですよ

というあきらめ感に近い、わらっちゃうような受け入れ方です

このことは、ファッションカレッジのメンバーとの関わりから、深く学びました。

ビジネススキル系の友人からも、学びましたが、ファッションカレッジのメンバーから掛けられる言葉は、似合うじゃんみたいな、照れくさいワードが多いわけです。でも、メンバーを信頼すればするほど、その言葉を信頼せざるを得ないのです

受け入れるポイントについては、面で笑

最後まで、お付き合いいただき、ありがとうございました

今までとは違う流れに身を任せると、今まで見えなかった、何かに遭遇します。

どんな世界か、もうお分かりですよね。ワタシは、なかなかいいって思うんです。

ちなみに、投稿猫画像などから、ドヤ顔の猫を見つけると、

毎日絶対、飼い主さんから、かわいいっていわれてるんだろうなって、胸がきゅんとなります